まずは顔のエラを矯正することのメリットなどを解説

身体にまつわる悩みは誰しも一つくらいあるものですが、常に見えている顔のパーツの悩みは特に深いコンプレックスになり易いと言えます。一度気になってしまうと、ショーウインドウに写る姿や写真撮影時など日常の何気ない場面で気になり、時には人とのコミュニケーションの時に自信が持てない原因になることもあります。実際にエラ張りの悩みを持つ人も多くおり、雑誌やインターネットなどでも髪型やメイクを工夫するなどエラ張りを目立たなく見せる方法も多数紹介されています。しかし、根本的な解決を目指したい場合は矯正を考えることをおすすめします。矯正といっても自宅で行う手軽な方法からプロに頼るものまで幅広くありますが、いづれにしてもエラ張りの原因は生活習慣にも深く関わっていますので、まずは自身や自身の生活を見つめ直してみましょう

エラ張りのタイプと原因を知りましょう

矯正するためには、最初に自身のエラ張りがどのようなタイプかセルフチェックしてみましょう。硬くなったエラが骨か筋肉かを自分で見極める方法があります。まず、歯を食いしばり「い」の形になるように口を横に広げます。このとき、エラが膨らむようであれば筋肉で、変わらなければ骨です。エラが張っているのは9割方は骨格のせいではなく、咬筋という筋肉の発達、リンパ液の滞り、沈着した脂肪によるものです。咬筋は日常生活の癖や習慣などによって過剰に発達することがあります。頻繁に硬いものを噛む、ストレスによって歯を食いしばる、就寝時に歯ぎしりをするなど、知らず知らずのうちに咬筋を必要以上に鍛えてしまい、結果として気がついたらエラが張ってきたということも起こります。また、姿勢や歯並び、噛み合わせなどが原因ということもあります。自身のエラ張りの原因をしっかり認識し、問題の解決策を知ることが重要です。

エラ矯正の具体的な方法と効果について

エラ部分の筋肉や脂肪を減少させるのに効果的なのはマッサージです。血行が改善され、血流がよくなることでむくみが解消され小顔効果があります。また、咬筋をほぐすことで同時に表情筋が鍛えられるので自然と明るい表情を身につけることができます。咬筋の緊張が続くと咬筋の付着する側頭部に栄養が十分に行き渡らなくなり頭痛を引き起こすことが有りますが、こういった症状の解消にも繋がります。咬筋をほぐすと顔面全体もリラックスするので眼精疲労の改善にも繋がります。顔のコリやむくみが気になる時にもやってみてください。他にもボトックス注射、マウスピースの装着、歯列矯正など色々な方法があります。骨格が原因と考えられる場合でも上記の方法が有効な場合もありますし、骨自体を削るなどの方法もあります。自身に合った効果的な方法を選びエラの張りの悩みを解決しましょう。エラ張り改善による外見の変化と共に自分に自信を持てるようになるでしょう。