気をつけたいエラを矯正する際の注意点

女性なら誰しもが憧れるのが、引き締まったフェイスラインの小顔です。きれいな卵型の小顔を目指すためには様々な方法を試している方も多いでしょう。骨を削るという整形手術の方法もありますが、なるべく大がかりな手術をせずに小顔を目指すのでしたら、サロンでの骨格の矯正がおすすめです。特にエラが張りだしていると四角く大きな顔に見えてしまいますから、エラを重点的に矯正すると小顔になったことを実感できるはずです。しかし、そもそもエラが張るのは骨格の歪みが原因です。骨格の歪みは日常生活の中でのクセによるものが大きく、そこを注意していかなければ改善はされていきません。食べ物を片方で噛みすぎたり、頬杖を突いたりするクセも骨格の歪みを引き起こします。ですから、サロンでのエラの矯正と平行して日々の生活習慣を見直すことも大切です。

エラを矯正するサロン選びのポイント

大がかりな整形手術ではなく、マッサージなどでエラなどの骨格を矯正するのでしたら、サロン選びは重要です。矯正は大がかりな手術と違い、すぐに100%納得のいく改善結果が出るとも限りませんが、通い続けるうちに少しずつ実感できるはずですから、とにかく根気よく継続することが重要です。そのためには通いやすさという観点で選ぶことも大切です。通勤通学の経路にあったり、利用する駅の近くにあったりすると通いやすくなるでしょう。それだけではなく、自分に合っているかも重要です。エラ張りの原因が骨格だけの場合は骨格矯正が有効ですし、睡眠中に歯を食いしばるクセのある人は、エラ周辺の筋肉が固く肥大している可能性が高いので、この筋肉をほぐすとともに、食いしばりのクセを軽くしていくことが大切です。いずれにしても、カウンセリングを受けて治療方針の説明を受けてから矯正をスタートさせましょう。

自分でできるエラの矯正対策とは

矯正サロンに通う事と平行して、自分でもできるエラ張り対策があります。まず、原因を知ることから始め、対処していきます。骨格の歪みから、筋肉が肥大化している場合は、その筋肉をほぐすことでだいぶエラの張りは解消されていきます。とくに骨格の歪みを引き起こす歯の食いしばりは今すぐにでも解消したいクセです。歯に力が入っている分、顎周辺の筋肉も肥大化してしまうのは当然のことといえます。上下の歯が触れ合わない状態が本来の状態です。接触していれば、それはかみしめている状態なのです。意識して、上下の歯を接触させないようにし、舌は上あごにくっつけているようにしましょう。就寝中はマウスピースを使用すると、歯ぎしり、食いしばりの予防になります。奥歯で噛むのをやめるなども今すぐできる対策です。エラを矯正することは、日頃の生活を見直すきっかけにもなります。